自動車NAVI

自動車保険の種類

自動車保険にはさまざまな種類があります。会社によっても内容や金額が異なるので、十分理解しておきましょう!事前に自動車保険比較サイトでチェックしておくのも、良い方法です。


・対人賠償責任保険

「対人保険」と呼ばれています。
事故を起こし他人(第三者)を死傷させたとき対処してくれる保険。加害者は賠償責任を負いますが、その賠償を手助けしてくれる保険。
自動車損害賠償責任保険だけでは支払えない部分額をカバーしてくれる。
契約するとき、対人賠償を「無制限」で設定するのが基本的。

・対物賠償責任保険

他人のクルマにキズ・へこみなどの損傷させてしまった時、他人の家や壁など「物」に障害を与えた場合に対処してくれる保険。
対物だけなので、自分の所有物や、家族のものは対象外です。
自分の息子のクルマにぶつけても保険金は支払われません。また、信号機・ガードレールなどに損傷を負わせた場合も補償してくれます。

・搭乗者傷害保険

この保険は、クルマに乗ってる(搭乗している人)が事故にあい、ケガをしたり、後遺障害になったり、死亡した場合に保険金が支払われる。運転手も対象になります。

セダンとは違いワンボックスカーの場合は荷台部分が内装と一体化していて、荷台に乗る人がいますが、その時事故にあいケガなどの障害が出ても、対象外なので保険金は支払われません。クルマは正しく乗りましょうね。

・自損事故保険

運転手自ら事故を起こし、その事故によって搭乗者がケガ・後遺障害・または死亡した際に保険金が支払われる。
この保険は「対人賠償補償」に付加されています。だから単独契約は出来ません。

・無保険車傷害保険

人に対する保険(対人賠償責任保険など)に加入してないクルマと事故にあった時、後遺障害・死亡した場合に保険金が支払われる仕組み。保険金は後遺障害・死亡した時だけ支払われます。ケガなどの障害は対象外です。

・人身障害補償保険

事故で運転手、または同乗者がうけた障害に対して保険金が支払われる。 過失の有無・割合に関わらず補償してくれる。

・車両保険

自動車の事故だけではなく、自然災害やなど色々な事情でクルマに損傷が発生した時など、保険に加入しているクルマにダメージが出た際に保険金が支払われる。 盗難や当て逃げにも対応してくれるプランもある。 保険の金額は、クルマの時価額を基準に定められるので、年代、クルマによって値段が変わるみたいです。

recommend

保健科学東日本が集団生活を整える

Last update:2017/8/4